東進ビジネス英語講座

東進ビジネス英語講座

東進ビジネススクールが自信をもって運営しているビジネス英語講座。
どのようなものかを具体的に紹介したいと思います。

東進ビジネス英語講座は大きな3本の柱で構成されています。
大学受験、在学中に築き上げた高いレベルの英語を更に使いこなすための概念理解。
それに加えてそのままの状態ではなく反射的な英語に対しても即座に反応できるような基礎トレーニング。
そしてそれ以上のもっと高いレベルにあがるため、ネイティブな環境でのマンツーマン対話や演習の形式の導入による実力アップ、すなわち実践トレーニングで成り立っています。

ビジネス英語講座の500点突破コースのテーマは苦手克服です。
毎回30分の講座を合計40回行うコースとなっています。
TOEICを始めて学習するという人を対象に、最も肝心な基礎固めを目的として実施しているのがこのコースです。
対象はTOEICLR450点までとなっています。

続いて基礎固めができれば日常的なコミュニケーション能力を身に付ける段階に入ります。
600点突破コースは英語を学ぶということが当たり前になるような環境を整えてくれます。
対象はTOEICLRが400点から500点になります。

いよいよビジネスシーンの初歩に入り込むのが750点突破コースです。
日常的なコミュニケーションを身に付け、実際にビジネスシーンで実用できる英語を学ぶ段階に入っていきます。
この段階を徹底的に学習することで、実用的なビジネス英語が身に付くだけではなく、それまで入り込めなかった専門的な分野にまで理解が進むようになっていきます。
その題材は非常に具体的な内容の書類となっていて、修得することで英語を使った基本的なビジネス業務をこなせるようになっていきます。
主な学習項目としては、営業やサービス、演説やスピーチ、クライアントを対象とした通常の会話や面談、面接などとなっています。

そしてビジネス実践をテーマにした900点突破コースに突入です。
この講座は1回45分を40回受講することになっていて、基本的なことだけではなくビジネスシーンで直面するであろうあらゆるシーン、テーマを厳選して学習する体制になっています。
相手の顔が見えない、どのような状況になるのか先を読むことが難しい電話での会話、これは日本語でも対応することが難しいこともありますよね。
こういった場面でも英語でしっかりと会話を成立させるには、基本的な知識はもちろん専門的な知識、それからたくさんの経験が必要になってきます。
総合的な学習を行いながら東進ビジネス英語講座を完成させるコースです。

こちらの学習項目はクレーム対応や顧客サービス、オフィス内での人と人のやり取りや契約、人事などたくさん用意されています。

このように東進ビジネス英語講座は徹底的にビジネスシーンで活躍できるような充実した内容となっています。
これから社会に進出する人、既に進出して今後自分のスキルをもっとアップさせていきたいと思っている人、多くの人がこの東進ビジネス英語講座を受講しています。